ミルクボランティアについて

離乳前の幼猫は、数時間ごとの授乳や体温管理が必要なことから、収容期間中に手間
がかかってしまうため、持ち込まれる殆どの幼猫は殺処分の対象になってしまいます。

仔猫の殺処分数を減らすため、多くの自治体では、一般市民の中から離乳までのお世話
をするミルクボランティアを募集して、譲渡活動につなげています。

ドッグトレーニングボランティアについて

保健所や愛護センターに収容されている犬の多くは、環境の変化におびえたり、狂暴にならざるを得ず
本来の姿とは程遠い様子で過ごしています。そのため、譲渡に適さないと早々に判断されて殺処分に回されてしまいます。

ドッグトレーナーの資格を有していなくても、日常の生活管理のお世話を通して
それぞれの犬の適性を見出して接することにより、譲渡可能な犬へと導くことが出来ます。

フォスター(一時預かり)ボランティアについて

ミルクボランティアと同様に一定期間、家庭での飼養を引き受けていただくボランティアです。
愛護団体のシェルターや愛護センターなどで一時的に収容動物が増え過ぎて、過密状態となった時
収容動物のストレスの緩和や、健康管理がぬかりなく行えるようになりQOLの向上が見込まれます。

譲渡会ボランティアについて

愛護団体や愛護センター内での譲渡会開催日における会場内での接客等のボランティアです。
会場運営がよりスムーズに行えるようになります。

定期訪問ボランティアについて

愛護センターから譲渡された犬猫が、その後、適正に飼養されているか
定期的に巡回訪問をして、譲渡先の飼育環境の確認を行います。
また飼育における相談にも適切に応じることにより(アフターフォロー)
再び飼育放棄につながることのないように努めます。

保護施設内ボランティア

愛護センター敷地内における清掃活動など